All things in nature

Titanium Mobileその1

Mobile

米Appceleratorが提供するモバイル向け開発ツールキット【Titanium Mobile】を
利用する際のTipsです。
主にiOS向が中心ですが、Titanium Mobileの特性上Android向けの開発に役に立つかもしれません。

Tips1:アプリ名に日本語文字を使う
- 一度ビルドを実行し、ファイル【プロジェクト/build/iphone/Info.plist】を作成する(ビルドで自動作成される)
- 作成されたファイル【プロジェクト/build/iphone/Info.plist】をプロジェクト直下にコピー(FinderやTerminalで実行する)
- Info.plistをFinder上でダブルクリックしEditorで開き、CFBundleDisplayNameの${PRODUCT_NAME}を日本語で書き換える(最大5文字)
- 以後ビルドすると、アプリ名(iOS画面のアイコンの下の文字列)が日本語化される

Tips2:Admobを追加する(admobアカウント登録、アプリ登録(広告ユニットID取得)はすんでいる前提)
- モジュールのダウンロード
https://github.com/appcelerator/titanium_modules/tree/master/admob/mobile/ios/ti.admob-iphone-1.5.0.zip へアクセスし、
View RawをクリックしD/Lする

- モジュールのデプロイ
zipファイルを解凍するとできる【modules】というディレクトリをプロジェクト直下にコピーする。
既にmodulesディレクトリがある場合は、適宜サブディレクトリ配下にコピーする
※モジュールの実体は、${PJDIR}/modules/iphone/ti.admob/1.5.0/libti.admob.a 

- tiapp.xmlの更新
tiapp.xmlを適当なエディタで開き、【<modules/>】と記載されている部分を書き換える
<modules>
<module version="1.5">ti.admob</module>
</modules>  

- 反映
Titanium Studioを再起動すると反映される

- サンプルコード

/*モジュールのrequireを実施*/
Titanium.Admob = require('ti.admob');

/*admob用のviewを各種プロパティをセットして作成*/
var adview = Titanium.Admob.createView({
top:0,
left:0,
right:0,
width:320,
height:50,
//testDevices:true,
adBackgroundColor:'black',
primaryTextColor:'blue',
secondaryTextColor:'green',
publisherId:'ca-app-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx/yyyyyyyyyy' // 広告ユニット ID
});                        
window.add(adview);


 

Arduino uno を利用した温度測定システム

Internet

"Arduino uno"を利用した温度測定サーバを作ろうという事で、言わずと知れたマイコンボード "Arduino"、その最新版となるunoモデルと
イーサネットシールドを用いて気温測定サーバを作ってみました。

先ずは全体像から。イメージとしては下図な感じです。

■動作概要
Arduino uno(以下uno)がWebサーバとなり、httpクライアントからのリクエストをトリガーにセンサーからの温度を取得し結果をレスポンスする。
また、httpリクエストを受けてからレスポンスを返しセッションを切断するまでの間はLEDが点灯するといった、アクセスを視覚的に認識する機能も具備しました。

■使用した部材
1:メイン基盤
arduino uno本体

2:ネットワークカード
arduino Ethernetシールド

3:基盤
ブレッドボード(ミニブレッドボード BB601/秋月電子)

4:温度センサー
サーミスタ 103AT-11 

5:温度センサ用抵抗
3.3KΩ

6:LED
赤色LED (OSDR 5113A / VF:2.0V)

7:LED用抵抗
150Ω


■H/W構成と配線

☆各パーツの接続構成図


最終更新 (2012年 6月 10日(日曜日) 21:52)

 

Unlock版のiPhone4S 64Gモデルを購入!!

Mac & iPhone/iPad

上海旅行に行ったついでにUnlock(SIMフリー)iPhone4S を購入したので、どんな感じかをザッと書いてみます。

購入日は2011年10月31日。場所は上海屈指の電脳エリア「徐家匯」で、お店は美羅城百脳匯の中で購入しました。

まだ、香港版も発売になっていないので、中国(上海)で売っているか不確定でしたが、どうせ上海まで来たのだし一見しようと思い徐家匯駅駅へ。美羅城百脳匯は地下鉄から直でビルのB1Fに連絡されているので、その経路で店内へ。

早速、B1FにてApple製品の陳列がある店に入り『iPhone4S SIM自由 64GB』を手持ちのiPhone4の画面に表示し価格調査すると32GBしか無いとの事。もしやSではなく通常のiPhone4かと思い、隣の店に聞き込みに入ると64GBはあるが、8000元。高!!!かなり高く、expansys辺りで買ってもそれほどかわらないので断念。

世の中そんなに甘くないのかと思い、1Fへ移動。こちらはネットブックやメーカPCが主に売れれているフロアだが、端っこで細々とApple製品が売っている店を発見しヒアリングすると、7500元との事。

3Fへ上がり他の店でも聞き込みしてみると、32GBしか無いと言われたが、16GBモデルの実物(新品未開封箱)を見せてくれた!!おぉ!!本当にあるのだ!!ちょっと感動!!

しかーし、それでも高いので携帯屋がひしめき合う4Fへ移動し、片っ端から金額ヒアリングをすると、最安で6500元。

ちなみに、基本的に店頭在庫は無く、欲しいというと何処かから物を持ってくる様子。で、6500元の店も5分程度で物を持って来たが、16GBモデル。店員の勘違いにより64GBは7200元だと言われ価格交渉をするにも7000元以下にはならない。しかもクレカ支払いは5%上乗せ。

他の店も7000元が閾値の様で、なかなか下がらない。。

そんな中6800元の店を発見し、物を見せろというと例の取り寄せ後に物を見せてくれた。まじまじと見て、本物と判断し決断!! 現金支払いで6800元。日本円で81600円。

購入後は、その場で開封+充電した後に手持ちのChinaUnicomのSIMを差してアクティベーション。iOS5なのでiCloud等の一連のプロセスを実施し後、容量を確認するとちゃんと57.xGbyte。
側面のブラックラインもちゃんと確認しiPhone4Sであると確信。

ざっと購入記はこんな感じ。最後は清水の舞台から飛び降りた感じでしたが、結果は成功でした!

最終更新 (2011年 10月 31日(月曜日) 21:31)

 

アフリカ旅行に向けて(黄熱病予防接種その2)

Miscellaneous

予約通り14:30に東京検疫所へ。
二階の売店で印紙を買い、八階へ移動すると摂取後のアイドリングの方が15名程度
摂取待ちの方が待合室に30名超。(想像以上に人気?

私達も、事前に記載した書類と印紙を申込書に貼り、すぐに受付を済ませ待合室へ入りました。

45分程度経過すると名前を呼ばれる数分間の問診を受け、再度待合室に戻り待ちの状態に。

それから15分程度経過すると再度名前を呼ばれる医師がいる部屋の待合席に移動。
数分で名前を呼ばれる夫婦ともに医師の元へ行き、黄熱病以外にも破傷風やA型肝炎の予防接種の必要性を説明され摂取可能なクリニックを紹介されました。
そして、ようやく本番です。

刺した時に指先に痺れがある場合は申し出る旨の説明のあと、利き腕とは逆腕の肩から15cm程度下がった所にプチッ!  (軽く痛い。
注入!(これが、結構痛い
ものの5秒で完了。

そのあとは、廊下の椅子で待つ事30分の後、無事にイエローカードをゲット!!

結局、2時間弱を費やす事になりましたが、無事に終わりました。

当日は注射した所の痛みが少しだけありましたが、今朝(2日目の朝)はほとんど気にならない状態になってました。
後は、副作用が出ない事を願うばかり。

最終更新 (2011年 8月 24日(水曜日) 10:53)

 

アフリカ旅行に向けて(黄熱病予防接種その1)

Miscellaneous

アフリカのケニア(ナイロビ/マサイマラ)への旅行へ9月10日から行く事が、7月末に決定しました。

入国には"黄熱病"の予防接種が必須項目となっている為、接種する為に8月5日に(財)日本検疫衛生協会 東京診療所に問合せした所、最短で1ヶ月以上先の予約になるとの事。今日の明日で予約などは到底無理でした。
(担当の方曰くワクチン自体が無いとの事)

気を取り直して「厚生労働省 東京検疫所」に電話で問い合わせをした所、最短で19日先であれば2名の予約ができると言われ予約しました。
また、電話での予約時には、5分程度の問診を受けました。内容は主にアレルギーや現在摂取している薬等の比較的一般的な内容でした。

接種は平日の午後しか無く、場所は江東区青海にある「東京港湾合同庁舎」で実施する様です。

予防接種が有効化されるのは、接種後10日以降の為、結構ギリギリでしたがなんとか間に合いそうです。


 

RT57i PPTP で DNSサーバアドレスを配布する

Internet

名機rt57iでpptpをサーブした際に、接続クライアントにDNSサーバアドレスを配布通知する事ができない場合があります。
というか、デフォルトでは通知できません。

理由は、PPPのネゴシエーションにおいて、DNSサーバをクライアントに通知するためにPPP/IPCPのMS拡張オプションが有効に
なっていない事に起因しているそうです。

という事で、設定する場合は以下で。

> administrator
Password:
# pp select anonymous
anonymous# ppp ipcp msext on

 

Mobile 050 Phone NTTComにて開始!

Mobile

iPhoneで利用可能なMobile 050 Phoneのサービスが開始されました!

サインアップの一連の流れは以下な感じ。

1)アプリをインストール&起動
2)電話番号を決める
3)支払い用クレカ情報の登録
4)パスワードを決める
5)連絡先電話番号とパスフレーズを登録

6)連絡先電話番号に電話がかかってくrので、パスフレーズを入れる
登録完了

7)アプリに戻り、電話番号と4)のパスワードを設定し、
認証成功すると。セットアップは完了

しかし、ここで問題!!
ドコモ定額データプラン+ぷららXi/Fomaオプションだと発着信は出来るが
メインの通話ができない!!!
おそらくドコモ側で何らかの規制がかけられている!!

自宅のWiFi経由でISPを利用した接続形態では発着信+通話も問題ない。

って事で、想定した3Gで050通話はうまく行きません。。。

がもう少し調査してみようと思います。

 

リナックス カーネル 3.0到来!!

Miscellaneous

2011年5月30日現在の最新の安定版カーネルは2.6.39となっていますが、次期2.6.40は3.0としてリリースされる事が決定した様です。その詳細は、「Subject: Linux 3.0-rc1」として、リーナス氏本人がMLへの投稿で明らかにしており、http://kernel.org/にても3.0.0-rc1として公開されています。

ユーザ目線で3.0で大きな変更無いようですが、漠然と一歩踏み出した感はある様な気がします。

最終更新 (2011年 5月 31日(火曜日) 12:09)

 

祝:Perl 5.14.0 リリース

Miscellaneous

Perl 5.14.0がリリースされました。新実装が結構ありそうですが、
リファレンスをデリファレンスセせずに使えるらしい。なんか、違和感。

 

JPEGファイルにGPSタグを追加する

Miscellaneous

デジカメによっては、exifデータはあるもののGPSタグ自体が存在しないJPEGファイルを生成する物があります。
たとえば、IXY DIGITAL 220 IS等。

Geoタグを埋め込みたいけど、タグ自体が存在しないと諸々のツールをつかってもエラーになる場合があります。
そこで、exiftoolをつかって空のGPSタグを強制的に生成する方法をご紹介。

作業はいたって簡単で、windowsのコマンドプロンプトから以下を実行すればOK.

exiftool -GPSLongitude="0" FILE_NAME

FILE_NAMEの部分には*(アスタリスク)も使えるので、バッチファイル等を作らずとも一気に書き込む事も可能です。

是非お試しあれ。

 
Login