Mobile

Titanium Mobileその1

Mobile

米Appceleratorが提供するモバイル向け開発ツールキット【Titanium Mobile】を
利用する際のTipsです。
主にiOS向が中心ですが、Titanium Mobileの特性上Android向けの開発に役に立つかもしれません。

Tips1:アプリ名に日本語文字を使う
- 一度ビルドを実行し、ファイル【プロジェクト/build/iphone/Info.plist】を作成する(ビルドで自動作成される)
- 作成されたファイル【プロジェクト/build/iphone/Info.plist】をプロジェクト直下にコピー(FinderやTerminalで実行する)
- Info.plistをFinder上でダブルクリックしEditorで開き、CFBundleDisplayNameの${PRODUCT_NAME}を日本語で書き換える(最大5文字)
- 以後ビルドすると、アプリ名(iOS画面のアイコンの下の文字列)が日本語化される

Tips2:Admobを追加する(admobアカウント登録、アプリ登録(広告ユニットID取得)はすんでいる前提)
- モジュールのダウンロード
https://github.com/appcelerator/titanium_modules/tree/master/admob/mobile/ios/ti.admob-iphone-1.5.0.zip へアクセスし、
View RawをクリックしD/Lする

- モジュールのデプロイ
zipファイルを解凍するとできる【modules】というディレクトリをプロジェクト直下にコピーする。
既にmodulesディレクトリがある場合は、適宜サブディレクトリ配下にコピーする
※モジュールの実体は、${PJDIR}/modules/iphone/ti.admob/1.5.0/libti.admob.a 

- tiapp.xmlの更新
tiapp.xmlを適当なエディタで開き、【<modules/>】と記載されている部分を書き換える
<modules>
<module version="1.5">ti.admob</module>
</modules>  

- 反映
Titanium Studioを再起動すると反映される

- サンプルコード

/*モジュールのrequireを実施*/
Titanium.Admob = require('ti.admob');

/*admob用のviewを各種プロパティをセットして作成*/
var adview = Titanium.Admob.createView({
top:0,
left:0,
right:0,
width:320,
height:50,
//testDevices:true,
adBackgroundColor:'black',
primaryTextColor:'blue',
secondaryTextColor:'green',
publisherId:'ca-app-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx/yyyyyyyyyy' // 広告ユニット ID
});                        
window.add(adview);


 

Mobile 050 Phone NTTComにて開始!

Mobile

iPhoneで利用可能なMobile 050 Phoneのサービスが開始されました!

サインアップの一連の流れは以下な感じ。

1)アプリをインストール&起動
2)電話番号を決める
3)支払い用クレカ情報の登録
4)パスワードを決める
5)連絡先電話番号とパスフレーズを登録

6)連絡先電話番号に電話がかかってくrので、パスフレーズを入れる
登録完了

7)アプリに戻り、電話番号と4)のパスワードを設定し、
認証成功すると。セットアップは完了

しかし、ここで問題!!
ドコモ定額データプラン+ぷららXi/Fomaオプションだと発着信は出来るが
メインの通話ができない!!!
おそらくドコモ側で何らかの規制がかけられている!!

自宅のWiFi経由でISPを利用した接続形態では発着信+通話も問題ない。

って事で、想定した3Gで050通話はうまく行きません。。。

がもう少し調査してみようと思います。

 

ハワイでunlock iPhone (SIMフリー iPhone)を使う

Mobile

今回のハワイ滞在は9日間という事もあり、手持ちのiPhone4 Unlock版(香港版iPhone)でデータ通信が必須ってことで、プリペイドでのキャリアと契約したのでその一通りの流れをまとめまてみました。

事前にWebで色々調べたけど結論に達しているサイトにたどり着けず不明点も多かったですが、結論からするとT-Mobileと滞在中毎日の利用に耐えうる内容で契約(データ通信と通話可能)で、$70(要別途$35の手数料等/計$105)でした。

まずは、アラモアナショッピングセンターにあるShirokiyaという日本人向け?のショップに向かい2階の電気店に併設されているT-Mobileのカウンターへ行きました。手持ちのiPhoneでプリペイドな通信をしたいと店員へ言うとデータ通信Onlyは無いが、通話+データ通信2GBまでのプランならあるとのこと。利用期限は30日?で値段は$70。もっと安いプランは無いか?と聞いても、「Most Chiiper」との事。それから、SIM代とiPhone4の場合のMicroSIMのカット代を合わせて$35!!
(こんな事なら、自宅からSIMカッター持ってくればよかった。。)

選択肢がないので契約しようとすると、支払いは現金のみの対応との事。クレカ払いと思っていた為手持ちの現金がなかったのでいったん退散して出直し。そのついでにSearsにあるAT&Tも立ち寄り同じ質問をして見ると、そもそもSIMのみプランは無いと言われ面倒くさそうなのでAT&Tは選択肢から消えました。

T-Mobileショップに戻り契約を進めると、アクティベーションまで最大24時間かかる場合があるといわれ一瞬ひよりましたが選択肢がないので承諾し進めて行くと5分程度で店員の処理が終わりお目当てのSIM登場!!  カッターでメキメキッとカットしてMicroSIMが完成。電源を落としFOMAのSIMカードと交換。電源を入れるとキャリアマークがT-Mobileになり即通信可能な状態になり自分用の確認サイトを見て見ると見知らぬIPアドレスが表示されていました。最大24時間かかる場合ってなんだったんだか。。。あとは、$70+$35を現金で支払い割当られた電話番号等が書かれた契約書を貰い完了!!

ちょっと高いけど、日本のキャリアを利用するよりか安いので結果は満足。通信速度も不満無し。
また、オアフ島の全域で通信が可能でした。以外と田舎でも国道沿いなら基本的には問題無く通信が可能でしたが、Waikiki辺りでも建物の中では不通となるケースもしばしば。一方で通話はそれ以上の広域で可能。
ハワイ島に関しては、オアフ島よりはかなりエリアが狭いですが、市街地では問題無し。こちらも通話可能エリアはデータ通信エリアより広域でした。

それから、T-Mobileに限らずだと思いますが、テザリングが可能なので妻のiPhone3GSもWiFi経由で同じくデータ通信ができ一石二鳥な感じでした。

って事で、無事に快適な通信環境で滞在中は過ごせました!

最終更新 (2011年 5月 06日(金曜日) 06:39)

 

is this BlackBerry!?

Mobile

一見、BlackBerryの新型!?と思わせるような新端末がサムスンから発表になりました。その名は、"Galaxy Pro"

詳細は不明ですが、OSは当然Androidです。

最終更新 (2011年 3月 08日(火曜日) 00:05)

 

ドコモ新モデル発表会

Mobile
NTTドコモの新モデル発表会が24日(木)に行われる様です。 新機種は色々ありそうですが、先日の報道にある全機種SIMフリー化に関しては、どういった戦略が発表されるのか興味深い所。 しかし、AppleのWWDCと比べると実にワクワク感が湧かないなぁ〜
 
さらに記事を読む...
Login