Googleが検索アルゴリズムを変更

Internet

Googleが検索アルゴリズムの変更を実施した様です。主な目的は、コンテンツファーム(SEOを施しヒット率をあげ収益を確保するだけを目的とし、必ずしも品質の高くないコンテンツを大量に作成・配信する企業やサービス)の閉め出しやスパム対策だそうです。効果としては、検索クエリーの11.8%に大きな影響を及ぼすのだそうです。

検索エンジンって既に社会的インフラと化している訳ですが、あくまでもイチ企業のイチサービスである事はまぎれも無い事実です。

その辺り理解した上で柔軟性を残しつつ公平性を維持する事が求められているような気がする。

勿論、アメリカ政府にもっと介入しろという訳ではなく。

最終更新 (2011年 2月 25日(金曜日) 22:05)

 
Login